スコのまる子とブリのモモ子 癒し系姉妹のスロ~でゆる~い毎日をお話しします
最新記事
最新コメント
ランキング       

まるが「にほんブログ村」に、                      モモが「人気ブログランキング」にそれぞれ参戦しております                                   2つのバナーをクリックしていただければ幸いです

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ブリティッシュ・ショートヘア ブログランキングへ

プロフィール

まるパパ&モモママ

Author:まるパパ&モモママ
耳折スコティッシュフォールド三毛のまる子 と
ブリッティシュショートヘアブルーのモモ子 です

癒し系・脱力系姉妹のゆる~い 毎日をお話しします

みなさんも癒されてくださいね

birthday:まるは2012年10月5日
      モモは2013年11月13日  

OKITEGAMI

置手紙を設置いたしました。      お忙しい方、FC2ブログ以外の方は、初回のみ貴ブログのURLをご入力いただければ、以後はクリックしていただくだけでご訪問いただいた履歴が残ります。                                ご訪問履歴を確認した後、貴ブログにお邪魔させていただきます。

にほんブログ村 ランキング

使用カメラ

フルサイズミラーレスデジタル           一眼カメラ

SONY α7 ILCE-7K ソニーα

月別アーカイブ
カテゴリ
favorite furniture

louis poulsen,PH lamp 最新louis poulsen Herman Miller,Eames Lounge Chair and Ottoman 最新ラウンジソファ   PP mobler,pp501/503      THE CHAIR 最新The chair Cassina ixc.,SARDANE Table 最新SARDANE arflex,SONA 最新SONA

DREXEL HERITAGE,TRIUNE desk 最新ドレクセルデスク Herman Miller,Eames Soft Pad Group Executive Chair 最新イームズ Herman Miller,Aeron Chair 最新アーロンチェア

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は週末です。なので、ある程度、予想はしていましたが、やっぱり、まさっぴいの帰宅がムチャ遅くなりますので、連投することになりました。
とか何とか言いつつ、おっさんが大ファンの小田和正氏と吉田拓郎氏が対談するテレビ番組を観ていて、結局、upが遅れてしまいました。

「まるとおっさん」は、「Star Wars」とジョージ・ルーカス氏へのリスペクトからepisode6で終了する予定でしたが、背に腹は変えられず、また、「Star Wars」もWalt Disney社がLucas filmを買収して、episode7以降も制作するとのことなので、ウチも継続することにしました。

では、本題に入ります。
かなり前の話ですが、ある動物学者の研究チームが野良ネコと飼いネコの鳴き声を調査したところ、鳴き声のヴァリエーションは、野良ネコはせいぜい5,6種類だったのに対して、飼いネコは25~30種類位もある、との研究結果を発表しました。
飼いネコは、外敵の心配がない安全な環境の下で衣食住が保証されているわけですが、その生命線は飼い主にかかっているので、その命綱とのコミュニケーションを保ち、より深くするために、ニャンコなりにあれこれ考えて、さまざまな声で意思を伝えようと努力する結果、鳴き声のヴァリエーションが野良ネコよりも圧倒的に多くなる、というのが理由として考えられるとのことでした。
まるでしゅよ
まる:そうでしゅよ 「ミャー ミャー」言ってるだけではないんでしゅ いろいろお話しするんでしゅ

そういえば、かつて、独身時代の私と「じゃる」の2人暮らしのマンションに今の家内が遊びに来た時、じゃるが私のところにやって来て「ミャー」と声をかけると、私が「あっ、トイレの掃除をして欲しいのやね」と答えて、トイレを掃除するのを見た家内がビックリして

「エッ?ネコの言葉がわかるの?」と聞いたことがありました。

私は、「ネコの言葉はわからないけど、じゃるの言いたいことは大体わかる」と答えたことを思い出しました。
それでも、家内は信じられないというような顔をしていましたが、ニャンコを育てている人にとっては別に驚く話ではないと思います。
私もじゃるの鳴き声をある時期から聞き分けることができたのではなく、languageとbody languageを総合的に観察してじゃるの意図を判断していただけです。

振り返ると私よりじゃるの方がコミュニケーションに熱心でした。
例えば、「食器のゴハンが空っぽなのでゴハンを入れて欲しい」という意思を伝えるために、じゃるは、まず「ミャー」といつもとは違った声で話しかけ、私を先導して食器のある場所に連れて行きます。つぎに、空っぽの食器をじっと見つめた後、私の顔をじっと見つめます。事情を察した私がゴハンを入れるとうれしそうに一声「ミャー」と言ったものでした。トイレの掃除をして欲しい時も同じ要領で意思を伝えていました。
オモチャで遊んで欲しいときは、一緒に遊びたいオモチャをくわえて来て、私の前でポトリと落とし、高めのキーで「ミャー」と一声。
じゃる自身も予想以上に自分の意思が私に伝わるので、張り合いが出たのか、これもあれも伝えようとしていました。さすがに、すべては理解できませんでしたが、じゃるの生活上必要な意思の疎通はできていたと思っています。
遊びの最中 ちょい興奮ぎみ
まる:まるはおめめでも気持ちをつたえましゅよ



ふぎゃ~
まる(幼少時):「ウギャー ウギャー」

まるも、ウチに来た当初は、「ミャー」というより、むしろ「ウギャー」というような鳴き声しかしませんでしたが(赤ちゃんだから当たり前ですが)、この数カ月前から、まるなりに工夫して、languageとbody languageで、意思を伝えようとします。

すでに「抱っこして」という意思は完全に伝わります。「遊びましょ」や「トイレ掃除して」もそうです。これから、もっと頭脳が発達して、色々な思いを伝えるようになるでしょう。
個人的には、甘えたい、遊びたいという意思を伝えるのも大いに結構ですが、じゃるがしたように体調不良を伝えられるようになってくれたらいいなと思っています。
まると遊べ!!
まる:遊んでくだちゃい

かつて、私とじゃるとのコミュニケーションに瞠目していた家内は、今では、「ミャーって甘えた声出しても、今は忙しいから遊んであげられないの。また、後でね」とか、「あら、トイレを掃除して欲しいの?わかった、すぐキレイにしてあげるわ」とか言って、

ごくふつうにまるとやり取りしています

「それでいいのだ。それがいいのだ。」(バカボンパパ)

では、To be continued.



いつもまるに会いにきていただいてありがとでしゅ
ぽちっとお願いしましゅ ついでにフリーエリアにも投票よろちくね
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
 
今日もまさっぴいの帰宅が遅くなるので、おっさんが緊急登板します。

で、いきなり本題に入ります。
おめめまんまるまる
まる:はい はい ご苦労しゃまでしゅ


もうかなり以前から、野良ネコの顔やスタイルがずい分変わったなと思っています。

現在、20歳代の方々にとって野良ニャンはこんなものだと思ってられると想像しますが、40歳以上の方々は昔と今では

野良ニャンのルックスが変わっていることに気付かれている

と思います。

私が子供の頃の野良ネコや飼いネコつまり和猫は、今とくらべて、もっと眼が丸くて大きく、今ほどつり眼ではなく、顔の形も丸みを帯びていたし、耳も今ほどでかくなかったし、手足はもう少し太くて短かったと記憶しています。

そして、どうやら、私の記憶にある和ネコがオリジナル和ネコに近いことを何かの本で知りました。それによると、現在、純粋な和ネコはもうほとんどいないそうです。そこここで見かける野良ネコには、シャム猫やペルシャ猫の血が、個体差はあれ、混じっているそうです。それも、主にシャム猫の血が混じっている方が多いらしいです。
                
        シャム写真   2シャム写真
           まる:シャム猫しゃんでしゅ

ネコの体型によって分類すると和猫はForeignタイプに属し、シャム猫はOrientalタイプに属します。前者はスリムな体型が特徴ですが、後者はさらにスリムな体型でくさび型の顔に細くて長い手足それにバカでかい声が特徴です。
かつて、飼いネコだったシャム猫が飼い主の勝手な都合で捨てられたり、その仔猫が捨てられて野生化し、在来種と混ざって、現在の野良ネコとなったようです。

では、なぜシャム猫との混血ばかりなんだ?アメショーやスコッティッシュとの混血ネコはいないのか?という話になります。ここからは、私の想像の域を出ませんが、30年以上前は、外来種といえば、シャム猫かペルシャ猫がほとんどだった。したがって、必然的に捨て猫となったのも大半はシャム猫かペルシャ猫だったからだと考えています。
なぜ、昔は外来種がシャム猫とペルシャ猫に限られていたのかはわかりません。

どうでもいいことですが、私が子供の頃の金持ちのステータスシンボルといえば、豪邸を構え、燃費が悪くてバカでかいアメ車を乗りまわし、ペットにシャム猫かペルシャ猫を飼うというのが相場でした。今、考えると笑ってしまいますが、当時はその生活を目指してがんばっていた人が結構いたのですよ

黄色いネコさんの中でしゅ
まる:まるの豪邸でしゅ


話を戻します。先ほどの私の仮説を証明する事象があります。それは、最近、クラシック・タビー柄の野良ネコが増えているそうです。私も、以前に一度だけブラウンクラシック・タビー柄の野良ネコを見たことがあります。当時住んでいたマンションへ帰る道すがら、偶然、そのニャンコと暗がりではち合わせしました。今でもよく覚えていますが、あまりのデカさにビックリしてしまって「オマエは何なんだ?」とさけび、その私の声にニャンコが驚いて逃げていったので、ようやくその物体がネコとわかったのですが、とにかくデカかった…。純血種のアメショーのオスの二回り位大きかったと思います。そのデカさゆえ、ネコとはまったく思わず、かといって、イヌとは雰囲気が全然違っていたので、

一瞬、新種の生き物かと思ったほどでした。


アメリカやイギリスと違って、在来種の保護に不熱心な国と、ゴミを捨てるようにネコをポイポイ捨てる無責任な連中のおかげで、自分の国の在来種の本来の姿を見ることができない私たちは不幸だなと思います。
もっとも、CFA認定の Japanese Bobtailは、かなりオリジナル在来種の姿に近いと言われています。たしかに、子供の頃、ごくふつうに道を歩いていると見かけた、あのボンボリ尻尾は劣性遺伝子だから、シャム猫との混血になると生まれてくる仔猫はBobtailになることはあり得ないので、オリジナル在来種の姿に近いというのも納得するところです。
                  ジャパニーズボブテイル白ジャパニーズボブテイル三毛
                  まる:ジャパニーズボブテイルしゃんでしゅ

私自身、先祖がスコットランド生まれのスコッティッシュホールドをずっと育てているので、エラソーなことは一切申しあげられないことは、十分承知のうえで、あえて勝手なことを申しあげると、ワンちゃんの世界では、犬種に流行りすたりはあるそうですが、柴犬ファンは流行に左右されず確実に一定の割合を占めているそうです。同じように、ニャンコの世界でも、オリジナル在来種やJapanese Bobtailのファンが常に一定割合を占めることを願っております。

では、To be continued.

パパ おっさん どっちで呼びましゅか?
まる:パパの夢は、スコ(Scottish Fold)、シャル(Chartreux)、ボブ(Japanese Bobtail)の3姉妹を育てることでちた。それでママにお願いしましたけど、ママの「まる一人だけでいいの!」の一言で夢はあっさり砕け散りまちた。まるは1歳にして、「正義なきパワーゲーム」を知りましたでしゅ。



いつもまるに会いにきていただいてありがとでしゅ
ぽちっとお願いしましゅ ついでにフリーエリアにも投票よろちくね
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
 
お読みになられる場合は、まず、バナーをクリックして、フリーエリアに投票してください。
それがおイヤでしたらお読みにならないでください
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

引き続き、おっさんの登板です。明日あたり、一時的に家内がカムバックできるかもしれませんが、それまでは留守を預かります。

昨日、まるの妹を迎え入れることをあきらめたお話をしましたが、みなさんのブログを拝見していますと、たしかに、ウチのように1ニャンのご家庭もありますが、むしろ複数飼いのご家庭の方が多いように思います。
例によって、ザーッと流し読みしかしていないので正確なことはいえませんが、2ニャン飼いのご家庭が一番多くて、3ニャン飼い以上のご家庭もめずらしくなく、中には10ニャン飼いのご家庭や複数のワンちゃんと複数のニャンコを両方飼っているご家庭もあったと思います。

そこで今日は、スコッティシュに限定せず、広く

ニャンコとの同居について

以前から素朴に抱いている疑問をお話しします。

以下、データや見解が出てきますが、原則として信頼のおける学者(例えば、石田卓夫氏)・獣医師等の著書からの引用であり、例外的に私見を述べる場合はかならずその旨を付記いたしますので、よろしくご了解願います。
まるでしゅよ
まる:まるは一人っ子でしゅけどね

昨日、お話ししたとおり、諸般の事情が許せば、ウチもというか私も2ニャン飼いをするつもりでした。諸経費が倍になるといってもたかがしれた額だし、労力やケアが倍かかるのも何とかなるだろうと思ったからです。
しかし、3ニャン以上になると話は別です。十分な「ケア」をしてあげることができないと思うからです。

ここで「ケア」とは、単にご飯を出して水を替えて、トイレの掃除をするという作業だけでなく、遊んであげながら身体のあちこちをさわったり、様子を観察して身体の変調を早期にキャッチするということを含みます。また、トイレ掃除といっても、単に排泄物を除去し、その分ネコ砂を追加するという単純な作業ではなく、排泄物の状態を注意深くチェックしています。足かけ20年以上、ニャンコを育てていますが、必ず1日3回以上トイレ掃除をし、その度に排泄物の状態をチェックして異変があれば、すぐ主治医のいる病院に連れて行くことにしています。水を替える時も同じです。飲んだ量が多過ぎないか、少な過ぎないかをチェックしています。

このような「ケア」を毎日、3ニャン以上にすることはウチでは時間的にかなり負担になります。まして、5ニャン、10ニャンとなるともう不可能です。
5ニャン以上、飼われている方々は日々のケアをどのようにされているのでしょうか?
くつろいでましゅ
まる:まるは脱力中でしゅ

また、居住スペースの問題もあります。
「ねこにとって理想的な住まいはどれくらいの広さでしょう。人間の数とねこの数を合わせた部屋数があるのが、もっとも望ましい広さといえます。つまり、二人暮らしの家で2頭のねこを飼うなら、4部屋以上あるとベスト、という計算です。」
「ねこはのびのびとした広い空間に暮らす方が向いています。極端な例でいえば、8畳間に8頭ものねこを飼うと、完全にストレスがたまってしまいます。1畳に1頭以上では狭すぎる計算です。ねこにストレスがかかりやすく、病気になったり、病気を悪化させる原因になるからです。精神的にストレスがたまる理由はいくつかありますが、狭い部屋に閉じ込められると、思いっきり遊べないために欲求不満になります。…ストレスがたまると…免疫力が低下して感染症にかかる可能性が高くなります。…ここで注意しておきたいのは、ねこが感染症にかかる原因の多くは、住む環境と精神的ストレスにあるということです。…病気を防ぐためにも広い空間でのびのび過ごさせてやりたいものです」(石田卓夫著・「ねこのお医者さん」)。

この考え方によると、家族4名に6ニャンとなると、部屋数は10部屋以上必要となります。多頭飼いの方々はこの条件をクリアできているのでしょうか?クリアできていない場合、ニャンコのストレス防止のためにどのような工夫をされているのでしょうか?お時間に余裕のある方はご教示願います。

先の話と関連しますが、多頭飼いの場合であっても「原則として食器とトイレは1頭につき1個用意すること。最悪、トイレは1頭に1個用意してください。」とよく書かれています。これも1ニャン、2ニャン程度でしたらそんなに場所をとることもないのですが、5ニャン以上だとトイレだけで一部屋つぶれてしまいかねません。自宅にニャンコのトイレ部屋を一室提供するのでしょうか?これについても、多頭飼いの方々はどのように対応されておられるのか興味のあるところです。
まる1
まる:まるはウチのリビングを占領していましゅ

何だかんだとお話ししましたが、いずれもハードの問題です。それより重要なことはソフト面です。
「外出しがちで、留守中、1頭だけではかわいそうだからといって、ねこを増やそうと考える人がいます。けれど、それは大きなお世話。ねこは1頭でも快適に暮らせるのです。仲間を増やしたからといって、必ずしもうまくやっていけるとは限りません。…ねこを増やす場合は、ねこにストレスをかけないためにも、お互いの相性を注意深くチェックすることが大切です。」(石田・前掲書)。

ウチの場合、どう観察しても、まるの性格上、妹を迎え入れるのはむずかしいと思います。
たしかに、お世話は大変でしょうが、たくさんのニャンコに囲まれて生活されている方々をうらやましいと思います。でも、まるがストレスを感じる環境にしたくはないので、現状を楽しみたいと思っております。

では、To be continued.

 
お読みになられる場合は、まず、バナーをクリックして、フリーエリアに投票してください。
それがイヤでしたらお読みにならないでください

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

昨日から3連休がはじまりましたが、相変らず、家内は仕事です。
という訳で、引き続き、おっさんが登板します。

昨日のブログを読んで、家内は「相変わらず、文章が長いなぁ。もっと、短くていいのに。みなさんもいちいちこんな長い文章は読まないよ。」と寝ぼけた感想を言っていましたが、私は内心でアホか?!と思っておりました。自分のモノサシで他人様の知性を計るというのは仕事ができない人間の典型的な発想だからです。

そもそもブログとは、本来、「個人や数人のグループで運営される日記形式のもので、情報提供や意見交換などのコミュニケーション機能が付加されているもの」なので、私はあくまで文字中心で、みなさんの感性よりも知性に語りかけることを心がけていきます。

まんまるのまる
まる:はいでしゅ パパ がんばってくだしゃい

さて、本題に入ります。かつて「じゃる(オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェⅡ世)の妹が欲しいな」と思っていましたが、結局かなわず、今は「まるの妹が欲しいな」と思っています。足かけ20年来の夢です。

妹はシャルトリューと決めています。

理由は単純明快で、私がスコッティシュと同じくらいシャルトリューが

好きだから
です。

「微笑みの猫」という別名どおり、あの何とも言えない愛くるしい表情がいい!スコッティシュとは別の魅力があります。
シャルトリューです

それにもかかわらず、じゃるのときに妹を迎えるのをあきらめたのは、2匹だと今の倍の労力が要るからというのも理由の一つですが、最大の理由はじゃるの性格でした。

じゃるは、「ごきげんじゃるちゃん」とか、「人格者じゃるちゃん」と知り合いから言われる位、いつもノドをごろごろ鳴らしているやさしくて温厚な子でした。16年間ほど一緒にいましたが、ニャンコが怒った時にする、例の「フーッ」や「シャー」はおそらく私には5回もしていないと思います。もちろん、ひっかかれたり、かみつかれた経験はゼロです。

また、私たちに対してワンちゃん顔負けの献身的な愛情を注いでくれました。私たちに何か異常があれば、すぐに飛んできて心配し励ましてくれました。例えば、家の中で何かにつまずいて軽いケガをすれば、ダッシュしてそばに駆け寄り、こちらの目をじーっと見てから、傷口をペロペロなめてくれる、高熱で寝込んだときは、何日も枕元で添い寝をしてくれる、そんなやさしい子でした。
じゃるちゃんのたっちです
じゃる:写りがわるいでしゅが、わらしが「じゃる」ちゃんでしゅ

そんな親(飼い主)思いの性格は、裏返せば、ものすごい甘えたで、私たちの愛情はすべて自分(じゃる)が独占しないと気がすまないとなるのは、ある程度、必然です。
例えば、ソファに腰掛けて家内と談笑していると3分もしないうちに、寝ていても、何かで遊んでしても、必ず仲間に加わる。それも私と家内の間に無理矢理、身体をこじ入れて自分が真ん中に陣取る。私たちの会話の内容はわからなくても、自分を中心に一家団らんであることに満足して、ごきげんさんになるという具合でした。

そんな様子を見るにつけ、こりゃ妹を連れて来て私たちが妹に少しでもやさしくしたら激怒するだろうなぁ…と思い、ずっと、ちゅうちょしてきました。

その後、たまたま知り合いの家のニャンコに子供ができたというのを聞き、離乳期を過ぎた頃に1週間だけ、借り受けました。じゃるが受け容れるがどうか試すためです。
結果は予想通りでした…。ものすごい敵意をもって接し、「フーッ」「シャー」を連発し、かんかんに怒りました。何とか、なかよくさせようと色々、手段を講じましたが、どれも不発。このままでは、仔猫の生命の危険すら感じたので、1週間レンタルを早々に3日間で切り上げて、計画はとん挫しました。
以後、亡くなるまで、じゃるは一人っ子を通しました。
じゃるちゃんのアザラシバージョン
じゃる:はい そのとおりでしゅ

亡くなったじゃるの話を延々としたのは、まるとじゃるは性格がそっくりだからです。少なくとも、1歳までは同じです。むしろ、1日に2回は抱っこをせがむ、まるの方が甘えたかもしれません。
人間が思春期までにその人格が決定するように、ニャンコは1歳までにその性格が決定するといわれています。おそらく、まるは、このままの性格で今後も生きていくでしょう。

家内は1人っ子でいいと思っていますし、まるがべったり甘えん坊なので大満足していますから、妹を迎えるのは反対です。まるもあの性格ですから、経験上、妹なんかいらない、1人っ子がいいと思うに決まっています。ママのおひざでしゅよ
まる:妹しゃんなんか いりましぇん

私の夢は20年経ってもかなわず、この先も実現することはないでしょう。
あーぁ、残念と思っておりますが、世の中、何でも自分の思い通りに運ぶものではないということは人間を何十年間もやってきて十分わかっていることです。

と、このまで書いたところで今日3回目の抱っこをせがみにまるが来ました。
では、まるを抱っこしたところで・・・To be continued.

 
お読みになられる場合は、まず、バナーをクリックして、フリーエリアに投票してください。
それがイヤでしたらお読みにならないでください

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村


昨日あたりから、サッパリ意味不明なメールを何通か受信しています。いわく「○○さん(家内の名前)にブログを続けさせてあげてください」、いわく「しんどい時にこそ助けてあげるのがパートナーではないですか!」 etc.etc.…
名前を知っている人もいましたが、中には「あんた誰?」という人もいました。

メールは、総じて、私を責めるような内容でした。どうしてこんなメールがくるのかさっぱりわからず、家内に相談したところ「実は、仕事で遅くに帰宅する日が続いていて疲れもたまっているし、体調も悪いので、ブログを当面お休みさせていただきますという内容のブログをアップしたけど、それと関係あるのかな?」と言ったので、家内のブログを見ました。

それで、はは~ん、そういう訳ね、と事情を察しました。

コラッ!何をかんちがいしてトンチンカンなメールを送って来とるねん!
私は家内がブログお休み宣言したことすら知りません。ブログをお休みにしたことを知らない人間が、「ブログをやめろ」だの言うわけないし、助けるの助けないの話になるわけないじゃないですか?!変な誤解はしないでください。

たしかに、家内は現在、ものすごく仕事が立て込んでいるようで、帰宅は毎日11時を過ぎています。それから、夕飯を食べて、風呂に入って、家事もしてとなると、そばで見ていてもとてもじゃないけどブログを続けるのはむずかしいと思います。
一方、私も中間決算(第2四半期決算)関連業務でひまではありません。昨日も株主宛の中間報告書の原稿を作成し、終業後は中途採用で入社した新人君の歓迎会の幹事をしてヨレヨレになって帰宅しました。

お互いそのような事情があるから、家内は「一時休止宣言」をしたのだと思います。
 
眠いでしゅ まる寝ましゅ
まる:ケッ!ふて寝でもしてやるでしゅ

そうは言っても、家内の職場の同僚からもできる範囲でブログをアップして欲しいとのリクエストがあるようですし、でも、やっぱり、現在の彼女の状況ではアップするのはむずかしいので、とりあえず、家内の仕事が一段落するまで、可能な限り「まるとおっさん」シリーズで穴埋めをするつもりです。

おすましでしゅよ
まる:パパ じぇんじぇん期待してないでしゅけど がんばってくだしゃい

そんなこんなで、初めて、ブログランキングというものを見ました。それでいきなり、「週刊IN」「週刊OUT」という部外者にはさっぱり理解できないシステムにぶつかったので、「にほんブログ村サポート」を読みました。また、これがわかりにくい文章で判読に苦労しました。ふつう、「一言で言いますと」という書き出しで、ずらずら4行も書くものではありません。おそらく書いた人は企業で対外的な文書を作成した経験がないのでしょう。
ビジネス文書としては失格です。

そうは言っても、「週刊IN」と「週刊OUT」の意味を理解できたので決してムダではなかったと考えております。

で、改めて、ウチの「週刊IN」と「週刊OUT」を見てみると、ほかの方々はだいたいINとOUTのポイント数が同じですが、ウチのブログはOUTがINの倍位あってすごくバランスが悪いことに気が付きました。

はは~ん、ウチはタダ読みされてるわと思いました。

別にバナーをクリックする位、手間ではないし、ましてや課金されるわけでもありません。だったら、「お読みになられる場合は、まず、バナーをクリックして、フリーエリアに投票してください。それがイヤでしたらお読みにならないでください」とお願いしても別にあつかましい要求ではないと思います。

家内が見れば「私のブログを読んでもらって、気持ちがなごんでくれればそれでいいわ」という、あまちゃんというか、およそ資本主義社会に生きる人間とは思えないことを言うでしょうが、私はそうではありません。別に金儲けしているわけではないし、ブログにどこかの企業の広告を貼ってショボイ広告収入を得る気もありませんので、クリックよろしくお願いいたします。

では、To be continued.
玄関でくつろぐまる
まる:ママがカムバックするまで がんばってくだしゃい

 
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。