スコのまる子とブリのモモ子 癒し系姉妹のスロ~でゆる~い毎日をお話しします
最新記事
最新コメント
ランキング       

まるが「にほんブログ村」に、                      モモが「人気ブログランキング」にそれぞれ参戦しております                                   2つのバナーをクリックしていただければ幸いです

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ブリティッシュ・ショートヘア ブログランキングへ

プロフィール

まるパパ&モモママ

Author:まるパパ&モモママ
耳折スコティッシュフォールド三毛のまる子 と
ブリッティシュショートヘアブルーのモモ子 です

癒し系・脱力系姉妹のゆる~い 毎日をお話しします

みなさんも癒されてくださいね

birthday:まるは2012年10月5日
      モモは2013年11月13日  

OKITEGAMI

置手紙を設置いたしました。      お忙しい方、FC2ブログ以外の方は、初回のみ貴ブログのURLをご入力いただければ、以後はクリックしていただくだけでご訪問いただいた履歴が残ります。                                ご訪問履歴を確認した後、貴ブログにお邪魔させていただきます。

にほんブログ村 ランキング

使用カメラ

フルサイズミラーレスデジタル           一眼カメラ

SONY α7 ILCE-7K ソニーα

月別アーカイブ
カテゴリ
favorite furniture

louis poulsen,PH lamp 最新louis poulsen Herman Miller,Eames Lounge Chair and Ottoman 最新ラウンジソファ   PP mobler,pp501/503      THE CHAIR 最新The chair Cassina ixc.,SARDANE Table 最新SARDANE arflex,SONA 最新SONA

DREXEL HERITAGE,TRIUNE desk 最新ドレクセルデスク Herman Miller,Eames Soft Pad Group Executive Chair 最新イームズ Herman Miller,Aeron Chair 最新アーロンチェア

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もまさっぴいの帰宅が遅くなるので、おっさんが緊急登板します。

で、いきなり本題に入ります。
おめめまんまるまる
まる:はい はい ご苦労しゃまでしゅ


もうかなり以前から、野良ネコの顔やスタイルがずい分変わったなと思っています。

現在、20歳代の方々にとって野良ニャンはこんなものだと思ってられると想像しますが、40歳以上の方々は昔と今では

野良ニャンのルックスが変わっていることに気付かれている

と思います。

私が子供の頃の野良ネコや飼いネコつまり和猫は、今とくらべて、もっと眼が丸くて大きく、今ほどつり眼ではなく、顔の形も丸みを帯びていたし、耳も今ほどでかくなかったし、手足はもう少し太くて短かったと記憶しています。

そして、どうやら、私の記憶にある和ネコがオリジナル和ネコに近いことを何かの本で知りました。それによると、現在、純粋な和ネコはもうほとんどいないそうです。そこここで見かける野良ネコには、シャム猫やペルシャ猫の血が、個体差はあれ、混じっているそうです。それも、主にシャム猫の血が混じっている方が多いらしいです。
                
        シャム写真   2シャム写真
           まる:シャム猫しゃんでしゅ

ネコの体型によって分類すると和猫はForeignタイプに属し、シャム猫はOrientalタイプに属します。前者はスリムな体型が特徴ですが、後者はさらにスリムな体型でくさび型の顔に細くて長い手足それにバカでかい声が特徴です。
かつて、飼いネコだったシャム猫が飼い主の勝手な都合で捨てられたり、その仔猫が捨てられて野生化し、在来種と混ざって、現在の野良ネコとなったようです。

では、なぜシャム猫との混血ばかりなんだ?アメショーやスコッティッシュとの混血ネコはいないのか?という話になります。ここからは、私の想像の域を出ませんが、30年以上前は、外来種といえば、シャム猫かペルシャ猫がほとんどだった。したがって、必然的に捨て猫となったのも大半はシャム猫かペルシャ猫だったからだと考えています。
なぜ、昔は外来種がシャム猫とペルシャ猫に限られていたのかはわかりません。

どうでもいいことですが、私が子供の頃の金持ちのステータスシンボルといえば、豪邸を構え、燃費が悪くてバカでかいアメ車を乗りまわし、ペットにシャム猫かペルシャ猫を飼うというのが相場でした。今、考えると笑ってしまいますが、当時はその生活を目指してがんばっていた人が結構いたのですよ

黄色いネコさんの中でしゅ
まる:まるの豪邸でしゅ


話を戻します。先ほどの私の仮説を証明する事象があります。それは、最近、クラシック・タビー柄の野良ネコが増えているそうです。私も、以前に一度だけブラウンクラシック・タビー柄の野良ネコを見たことがあります。当時住んでいたマンションへ帰る道すがら、偶然、そのニャンコと暗がりではち合わせしました。今でもよく覚えていますが、あまりのデカさにビックリしてしまって「オマエは何なんだ?」とさけび、その私の声にニャンコが驚いて逃げていったので、ようやくその物体がネコとわかったのですが、とにかくデカかった…。純血種のアメショーのオスの二回り位大きかったと思います。そのデカさゆえ、ネコとはまったく思わず、かといって、イヌとは雰囲気が全然違っていたので、

一瞬、新種の生き物かと思ったほどでした。


アメリカやイギリスと違って、在来種の保護に不熱心な国と、ゴミを捨てるようにネコをポイポイ捨てる無責任な連中のおかげで、自分の国の在来種の本来の姿を見ることができない私たちは不幸だなと思います。
もっとも、CFA認定の Japanese Bobtailは、かなりオリジナル在来種の姿に近いと言われています。たしかに、子供の頃、ごくふつうに道を歩いていると見かけた、あのボンボリ尻尾は劣性遺伝子だから、シャム猫との混血になると生まれてくる仔猫はBobtailになることはあり得ないので、オリジナル在来種の姿に近いというのも納得するところです。
                  ジャパニーズボブテイル白ジャパニーズボブテイル三毛
                  まる:ジャパニーズボブテイルしゃんでしゅ

私自身、先祖がスコットランド生まれのスコッティッシュホールドをずっと育てているので、エラソーなことは一切申しあげられないことは、十分承知のうえで、あえて勝手なことを申しあげると、ワンちゃんの世界では、犬種に流行りすたりはあるそうですが、柴犬ファンは流行に左右されず確実に一定の割合を占めているそうです。同じように、ニャンコの世界でも、オリジナル在来種やJapanese Bobtailのファンが常に一定割合を占めることを願っております。

では、To be continued.

パパ おっさん どっちで呼びましゅか?
まる:パパの夢は、スコ(Scottish Fold)、シャル(Chartreux)、ボブ(Japanese Bobtail)の3姉妹を育てることでちた。それでママにお願いしましたけど、ママの「まる一人だけでいいの!」の一言で夢はあっさり砕け散りまちた。まるは1歳にして、「正義なきパワーゲーム」を知りましたでしゅ。



いつもまるに会いにきていただいてありがとでしゅ
ぽちっとお願いしましゅ ついでにフリーエリアにも投票よろちくね
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
<< まるとの会話(まるとおっさん episode7) // ホーム // ゆるゆる動くまる(動画です) >>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/18 Fri] // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://marupapamama.blog.fc2.com/tb.php/49-52f2bf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。